歯のインプラントの費用は? 歯のインプラント費用と素材の値段の関係

インプラント治療とは?

インプラント,歯,費用

インプラント治療とは、永久歯が虫歯や歯周病等で紛失してしまった後に人工的な義歯としてフォローする歯で在り、よく[第3の歯]と公言されているものである。
インプラントの治療内容にかんしてざっくり解説すると、歯根と公言される歯の土台から歯が無くなった時、歯が抜けたところに人工の歯の土台、つまり人工歯根を土台として埋め込む治療方法がインプラントである。
人工歯根を歯槽骨に埋め込み、歯を支える台部の上に、新しい歯冠が装着されるというわけである。
インプラントは、人工歯根に当たるインプラントと支台部と歯に当たるクラウンに拠って形作られるが、通常の歯とおなじ様に固定されている為、入れ歯のように取り外す手間も、異和感もなくきちんと物が噛めたり、発音がおかしくなったりしないだけでなく、ブリッジ等とちがって、他の歯を傷つける危険性もないのだ。


スポンサードリンク

歯のインプラント費用と治療費の医療費控除

インプラント,歯,費用

歯のインプラントの費用は、歯科医での治療行為が自由診療の為、保険がなく高額なものとなる。
インプラントに拠って歯並びも良くなり、良い事づくしなのであるが、費用は非常に高額で、1本のインプランの治療に20万円や30万円はあたり前で、口コミによると50万円以上かかったと述べる話も耳にする。歯のインプラントの費用は前歯と臼歯では前歯の方が高額で、上顎と下顎では上顎の方が一層高くなる。
治療の難易度に比例するから、上顎の前歯が一番高額になり50万円近くする。
しかし、インプラントにかかった治療費は確定申告時の医療費控除の対象になる。
インプラント利用者の負担を軽減するための措置で、もし1年間に100,000円以上支払っているならば、確定申告で計上できる。


歯のインプラント費用は、素材の値段に拠っても異なる

歯のインプラント費用は、素材の値段に拠っても異なってくる。
つまり、インプラントの費用で差がでてくるのが、被せ物としてのクラウンである。
これにはメタル、合成樹脂製のレジンと公言される素材で出来たものや、ハイブリッドセラミックというレジンに超微粒子のセラミックを充填した複合材料のもの、さらに最高級のセラミックのものがある。
インプラントの時は、ハイブリットセラミックかセラミックが殊更に使われ、ハイブリットセラミックと最高級のセラミックとの値段の差は約3倍にも成るが、だいたい3万円から10万円くらいの値段の差である。
インプラントは入れ歯やブリッジよりも良いとはいえ、これだけ高額な値段になったのでは、まだまだ誰もが気軽に受けられる治療ではないのも事実である。

インプラントとその他の価格、歯並び矯正、歯科医と料金

もしも、顎の骨の高さや幅が少ない人は、インプラント治療は出来ない為、インプラント治療が出来るように骨を再生するGBR法[歯周組織再生誘導法]が実行される。
これは、上顎には上顎洞という空洞が在り、そのままではインプラント治療が出来ない為に、空洞を埋めるための骨の造成が実行されるというものである。
これには上顎洞までの骨の高さに拠って上顎洞へのサイナスリフトとソケットリフトに分類されるが、5センチ以下であればサイナスリフトで、5センチ以上であればソケットリフトに成る。
サイナスリフトを実施する時にはインプラント自体の価格プラス最低15万円は上乗せされるから、上顎の前歯は高額に成るわけである。
インプラントには、すきっ歯等の歯並びが悪くて悩み苦しむ人専用の治療法が有る。
このように歯並び矯正用のインプラントを行っている歯科医も実際に有る。こうした歯並び矯正のインプラント料金であるが、現実に歯科医の診察に拠って決断される為、具体的な料金は歯科医と対話して欲しい。
ざっくりであるが、初診料1000円、資料作製と診察費60,900円、矯正費用700,000円前後と言ったところのようである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






水力発電