エナメル質形成不全症とは? エナメル質形成不全症の原因と治療

エナメル質形成不全症とは?

エナメル質形成不全,症

エナメル質形成不全症とは、歯の表面を構成するエナメル質が何らかの原因で綺麗に形成できなかった状態で歯にくぼんだ部分があったり、歯の色が茶色がかっていたりする状態の事である。
永久歯にはよくある事であるが、たまに乳歯でもエナメル質形成不全があるようである。
エナメル質形成不全の症状としては、歯の表面のエナメル質が、あたかも溶けているかのように無くなっていたりする。
エナメル質形成不全が病気等に関係あるケースの時は、1本だけではなく複数の歯に症状がでてくるようである。
このような複数の乳歯、殊更に奥歯にエナメル質形成不全がでてるケースの時は、これらの乳歯と同時期に造られる一部の永久歯[前歯や6歳臼歯]にも同じエナメル質形成不全がみられる事が有る。
1本のケースの時は、其の後生えてくる永久歯が同じようにエナメル質形成不全に成る可能性は少ないようである。


スポンサードリンク

エナメル質形成不全の原因と遺伝、乳歯、写真、治療

エナメル質形成不全,症

エナメル質形成不全が乳歯に出来る原因として、乳歯が外傷を受けたり、重度の虫歯だったケースの時に、のちのち生えてくる永久歯にエナメル質形成不全がみられる事が有る。乳歯の虫歯や外傷は、乳歯だからといって軽視せずに適切な対処を受けて欲しいものである。
軽度のものや、穴やくぼみがなければ対処は必要なく、必要なケースの時も虫歯の治療と同じ対処が施される可能性が高い。
エナメル質形成不全の発生原因が体からの場合、ビタミン不足や栄養障害、ホルモン異常やフッ素等の無機物の影響、さらに遺伝などもが挙げられる。
エナメル質形成不全の発生原因が遺伝のケースの時、染色体の問題により生じるようである。
エナメル質形成不全の歯は途方もなく虫歯になりやすい為、虫歯予防にまず初めは全力を注いで欲しい。
それでも、もし永久歯がエナメル質形成不全のケースの時、審美歯科等で実践するラミネートベニアやクラウンをかぶせる等の治療でルックスを改善する事は可能である。
参考までに、以下にエナメル質形成不全の写真を掲載しておく。

 

エナメル質形成不全の写真はこちら


赤ちゃんのエナメル質形成不全の原因と虫歯の治療

エナメル質形成不全は、赤ちゃんにも起こる。
赤ちゃんのエナメル質形成不全の原因は、妊娠初期に、赤ちゃんの歯が形成される過程で、遺伝もしくはお母さんの飲んだ薬や栄養不足で生じる症状である。
また、赤ちゃんが成長して乳歯の段階で酷い[ひどい]虫歯があったケースの時等の場合、其の後に生え変わってくる永久歯が傷ついて変色するケースの時があるようである。
乳歯でそこまで酷い[ひどい]虫歯に成ると云う事は、永久歯になってからも虫歯予防はガッチリしないといけない。
6歳から8歳ごろの永久歯は途方もなく虫歯になりやすく虫歯予防が重要な期間であるので注意して欲しい。
これ以外にも、歯をぶつけたりすると歯茎の内出血から歯がピンク色に変色したり、傷のところが黄色に変色するケースの時が有る。
このケースの時は、何か対処をしなければ、自然に白くもどる事はない。乳歯のケースの時は、永久歯に生え変わるので気にならないとおもうが、永久歯のケースの時は、漂白[ホワイトニング]やラミネートベニア等で白く治療するといいとおもう。
本当に、6歳から8歳にかけての永久歯は途方もなく虫歯になりやすいので注意が必要である。
まだ歯が半分ほどしか生えて無くても、6歳頃は、お菓子が大好きなうえに歯磨きをガッチリ出来る年頃でもないため、虫歯に成る可能性が高いのである。
そこでシーラント対処と云う方法が有る。シーラント対処とは歯の溝を専用の樹脂で埋める事で虫歯を予防する方法であり、虫歯に成る可能性を少なくしてくれる。
其れから、フッ素を塗布する方法も有る。フッ素を歯に直接塗布する事により虫歯の予防を図る為、生えてすぐにフッ素を塗布すると予防の効果は高まるそうである。

 

 

 

 

 

【関連リンク】

 

Error 400 (Bad Request)!!1






水力発電