ベーグルの食べ方や作り方 ベーグルのレシピやカロリー

ベーグルの食べ方とカロリーについて

ベーグル

ベーグルは、英語表記では[Bagel]と記述し、小麦粉を輪の形にして茹でてから焼いたものだ。
作り方としては、元々はバターを塗布するのみの途方もなくシンプルな作り方だったようが、現状は多種多様な味のバリエーションで好まれている。
ベーグルは、やわらかい内部とガッチリ焼き上げられた外部と云った2つの歯ざわりが楽しめる食品なのだ。
起源にかんしての有力説としては、1600年代にパン屋さんが王様にあぶみ(乗馬の際に足を乗せる部分の事)の形をしたパンを焼いて贈った事がその始まりだと云われている。
なぜ、そのパン屋があぶみの形のパンを贈ったのかと云うと、騎兵隊の突撃を記念したときだったためのようだ。
脂質が低く蛋白(たんぱく)質が少なくない、健康食として愛されている食品の1つと云うのもベーグルの特徴点だ。
次に、ベーグルのカロリーについて見てみよう。
ベーグルの方がパンよりもカロリーが低いのだ。
なぜなら、パンは生地を焼いて作成するが、ベーグルは生地を茹でてから焼くからだ。
あと、ベーグルのケースの場合バターを使用しない為、パンよりもカロリーが低くなるのだ。


スポンサードリンク

ベーグルの評判店と送料無料の通信販売について

ベーグル

ベーグルは、店舗での販売だけではなく通信販売も多種多様な店が行っている事を御存知だろうか。勿論、送料無料の通信販売ホームページもある。
超有名な評判店舗は、ブラウニーだ。
ブラウニーは店舗での販売だけではなく通信販売も実践している。
次に、マルイチベーグルだ。
マルイチベーグルは、東京都港区白金に店舗を所有する評判店であるが、残念ながら予約や配送は実践していないようだ。
マルイチベーグルは、大きさに定評が在り、口コミの評価も高い。
上記の店以外に評判店と云うと、ベーグル&ベーグル、コストコ等がある。
以上のように、多種多様な味のものが販売されているので飽きない事に為っている。
ベーグルの味のバリエーションとしてはパンプキン、ほうれん草、ブルーベリー、バナナ、シナモン、ゴマ、マンゴ、豆乳、チョコレート、オニオン、えんどう豆、ストロベリー等が一般的だ。


ベーグルの超有名店舗BAGEL☆Kと冷凍保存について

ベーグルを扱う本当に超有名な店舗としては、BAGEL☆Kが思い浮かぶ。
このBAGEL☆Kと云う店舗は、ニューヨークで製造された製品を輸入する事で大評判を得た超有名店だ。
BAGEL☆Kのベーグル等の製品は、タマゴやマーガリン等をうまく利用しない事によりコレステロール0パーセントと云う事を売りにしている。
BAGEL☆Kのベーグルは、BAGEL☆Kの製品の特徴点である、噛んだ分だけ甘みが味わい深くなると云うのが日本人の嗜好にあっているのかも知れない。
また、BAGEL☆Kのベーグルは、冷凍にすると途方もなく長持ちする事も大評判の秘密(自身の家でも一ヵ月レベル保存する事が可能)だ。
但し常温の時は早目に口にする事が必要だ。

ベーグルの食べ方やレシピ、ベーグルサンドについて

ベーグルのポピュラーな食べ方としては、半分にスライスしてその間に好みの具材を挟んだサンドイッチ的な食べ方だ。
いわゆるベーグルサンドだ。
ソーセージに巻きつけるような食べ方のベーグルサンドを販売している店舗もあるくらいだ。
ラスクにしたりピザにしたりと云った食べ方もあるベーグル。
近頃は、相当の評判を集めている為、レシピが相当のホームページで案内されているので参照事項にしてみてはどうだろうか。
ベーグルのレシピ情報を一杯集めたホームページもある。
現状は日本国内での製造品が主流の為、海外のベーグルにかんして吟味してみると新しい情報が見つかるかも知れない。
取り扱う店は途方もなく少なくない為、身近でも見つかりやすいはずだ。
製造成分はベーグルを扱っている店に拠ってちがう為、油等が包括されている事もあるので注意が必要だ。
私にとっては、ニューヨークのベーグルが本当に超有名だと云うイメージがある。
店に拠っては、期間限定のベーグル製品を扱っている事もある為、店のホームページを観てみてはどうだろうか。
ベーグルは、他のパンにはない食感がある。
生地と具材の組み合わせに拠っては、世界でたった1つの自身好みの味を生み出せるのがベーグルの魅力でもある。
ベーグルは、多種多様な具材とマッチしやすいのだ。

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






水力発電