お茶とペットボトル 伊藤園のペットボトル [おーいお茶]などの情報

お茶とペットボトルの関係について

お茶,ペットボトル

個人的に、お茶をペットボトルに入れて冷凍室で凍らせると美味しいとおもう。
牛乳の入ったペットボトル飲料を観た事がないので多種多様吟味してみた。
牛乳は、雑菌が繁殖しやすいので、何回も口をつけて呑み込む事が大前提のペットボトル化は出きないよう。
ペットボトルと炭酸の関係も面白い。
炭酸飲料をペットボトルに入れるケースの場合、内圧がかかるため厚肉ボトルで丸型のものが使用されるようだ。
ペットボトルとお茶と云えば、個人的にキャンペーンのある伊藤園の「おーいお茶」や味の良い「いえもん」も大好きだ。


スポンサードリンク

伊藤園のペットボトルのお茶 [おーいお茶]の歴史について

お茶,ペットボトル

ペットボトルのお茶にかんしてちょっと考慮していきたいとおもう。
日本で代表的なペットボトルのお茶と云ったら、やっぱり伊藤園の[おーいお茶]だろう。
では、この伊藤園のペットボトルのお茶[おーいお茶]が誕生するまでのプロセスを観てみよう。
伊藤園は元々は日本ファミリーサービスと云う日用品の訪問販売の会社を経営していた本庄正則と云う人が、弟の八郎氏と組んで一緒に立ち上げたフロンティア製茶会社を母体としている。
其の後、上野にあった御茶屋の伊藤園からのれん分けと云う形で商標と商号を譲り受け、現状の伊藤園が出きたと云うわけだ。
この伊藤園は、1979年からは中国土産畜産進出出口総公司と代理店の契約を結んで烏龍茶の輸入おろしを請負い、1981年に世界でスタートして缶入りの烏龍茶を発売するとこれが大ヒットする事になった。
これをきっかけに伊藤園は、一般向けの清涼飲料水の領域へ進出し、更に85年にはシェアを先行するサンガリアに追髄して缶入りの緑茶を発売したのだ。
伊藤園は、清涼飲料水の業界シェアでは第4位ながらも、衝撃のある製品や企画等が功を奏し、現状では緑茶系の飲み物に限っては、業界最大最高の大手となり、自動販売機を全国規模で繰り広げている。
これが、伊藤園のペットボトルのお茶[おーいお茶]が誕生するまでのプロセスだ。


伊藤園のペットボトルのお茶について

伊藤園の本社は東京都渋谷区の本町に在り、静岡県牧原市に主要工場である静岡相模工場と中央調査所が有る。
また、静岡県の御前崎市に浜岡工場、福岡市に福岡工場、そして名護市にも沖縄名護工場を有している。
また伊藤園は、現状日本ブームの真っ最中で在り、ダイエット嗜好のつよい欧米等でも可能な限り積極的に事業を大展開し、その活動の場を更に拡大している。
伊藤園のキャッチコピーは、[自然が好きである]。
伊藤園の代表的な製品はお茶系で在り、[おーいお茶][天然ミネラル麦茶][さらさら蕎麦茶][烏龍茶][ジャスミン茶][カテキン茶]等が国内ではポピュラーだ。
この中でも[おーいお茶]は国内で1番本当に超有名なペットボトルのお茶で在り、ざっくり日本にあるコンビニやスーパー等で売っていない所はない程だと云えるだろう。

伊藤園の野菜飲料とペットボトルのお茶について

以上の他、伊藤園は野菜飲料を代表とする健康飲料の領域でも大幅にシェアを占めており、[充実野菜][緑の野菜][一日分の野菜][朝から野菜]等、その名前もしくは名称を耳にした事のある製品はおおく揃っている。
ペットボトルのお茶と云うと、限りなく我々の身近で、食事や休憩等に於いては欠かせない実在で有るが、その歴史的なルーツと云うのは吟味してみると予測外に面白いものなのだ。
これはそもそも世界的に観ても[お茶]を缶やペットボトルに入れると云う発想そのものが稀(まれ)で、現にアメリカ等では日本から輸入されるまでは[お茶]をパッケージ化した製品と云うのはない状態だったと云う。
伊藤園の製品に限らず、ペットボトルのお茶にかんした事は、まだまだ面白い逸話がたくさんある為、気に成る人は多種多様検索してみると良いだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






水力発電