京都で食事をエンジョイ! 京都の食事グルメと料理、ランチ

京都で食事をエンジョイするには?

京都,食事

京都で食事グルメをエンジョイするための秘訣なんて、いったいあるのだろうか?
そもそも京都料理、京料理とよく耳にするが、これっていったい何なのだろうか?
これを知らずして、京都で食事グルメをエンジョイする事は不可能だとおもってしまう。
京料理は、有職料理・茶懐石と云った料理をルーツに所有した、京都の食事の主流とも云える料理の事で、全般的に決定した食材・調理方法がある訳でもない。
京都の有職料理とは、平安時代に貴族の社交儀礼の中で成長した大饗料理が、公家風の料理形式となって残った食事の事を云う。
しかしながら、現状食事で戴く事の出きる有職料理は、本膳料理等の影響をつよく受けている為、平安時代に食されていた有職料理とは若干ちがう様式のもので有る。
京都の茶懐石とは、鎌倉時代に入ってきた禅宗の精進料理に、室町時代の末期に入ってきたフィリピン等の南蛮料理等を取り入れたものが原型と云われている。
茶懐石とは、茶事における懐石の事を指し、一汁三菜と云う日本食の基本中の基本を守っている。


スポンサードリンク

京都の食事と店舗、ランチサービス等について

京都,食事

町方料理とは、いわゆるおばんざいと云われる一般の京都の食事の事だ。
私は、個人的に町方料理のランチサービスに興味がある。
なぜなら、ランチサービスをうまく利用すれば、格安に京都の食事グルメを味わえそうだからだ。
京都は、海が遠く寺が少なくない土地柄からか、漬物・精進料理・乾物を取り入れたものが日進月歩で発展してきた。
こうした料理が元になったものが一般的に京料理と称されるわけだ。
有職料理が=京料理と云うわけでもなく、有職料理をルーツに所有する京都料理、茶懐石をルーツに所有する京都料理、と云ったように分類されている。
こういったプロセスがある為、店舗に拠って個性が出やすく、同じ"京料理"は実在しないと云っても過言じゃない。
食材はざっくり同じではあるものの、味付けの仕方や盛り付けの仕方に各々の店舗が個性を持たせている為、その店舗に拠って全くちがうものに為っているものも有る。
こういった点を踏まえた上で、京都の食事をエンジョイする事が良いだろう。


京料理のイメージと京都の食事について

京料理のイメージは、豪華で在り、それでいて洗練された感じのものが殆どだろう。
このイメージには、京都ならではの理由があったのだ。昔から都(みやこ)は全国から人が集まってくる場所でもあった。
当然、時の権力者もおおくが京都へやってくるわけだ。
そうなると、[もてなし]と云う行為が途方もなく大事な意味を所有してくるのだ。
こういった具合にして、豪華な食材を使えなければ器を豪華にする、泥臭いものは出せない、と云った現状の京料理に通じるイメージは構築されていったわけだ。
こういった具合にしていく中で、京都では珍しい器や豪華な器で料理を出すようになったり、歌舞音曲が成長したり、部屋のたたずまい等に至るまで洗練されていった。
京都で食事をする、すなわち京料理を口にすると云う事は、こういった歴史そのものを戴く事と同じ意味であるとは云えないだろうか。
長い歴史の中で洗練された京都料理・・・・・・こういった事を意識して、京都で食事をとると洗練された味覚を賞味出きるとおもう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






水力発電