<猫よけ方法と効果>猫よけグッズの植物のハーブ、薬、超音波、ペットボトルのことも

猫よけグッズの効果について

猫よけ

殊更に一戸建てに居住している人の中には、猫よけで野良猫を撃退してやりたい、とおもっている人達も少なくない事だろう。
猫は自身でここがトイレだと決定させると、そこにオシッコやウンチをする習性を所有している。
もし自身の庭や畑、もしくは車やバイクを停めているところを野良猫にトイレと決定されてしまうと、毎日オシッコやウンチまみれにされて、たまったものじゃない。殊更に、猫の排泄物は異常に臭いのだ。
そこで、猫に肝心なところを荒らされたり、オシッコやウンチと云う排泄物で汚されたりしない為にも、猫が特定の場所に来ないようにするための猫よけの方法や猫よけグッズを案内したいとおもう。
猫よけとして効果がある物や、効果がない物も包括して、纏めて一気に案内していきたいとおもう。


スポンサードリンク

猫よけに効果のないペットボトルにの水について

猫よけ

まず、猫よけとして一時期流行した、ペットボトルに水を入れて玄関先等に置く方法であるが、基本中の基本としてこれは猫よけとして効果がないとされている。
なぜ、このペットボトルに水を入れた方法が、猫よけに効果があるとされていたのか理由も把握出きる事が出きないのだが、現実に効果があると云う人もたくさんいるようだ。
しかしながら、やっぱり実験等によると、殆ど猫よけの役には立っていない事が立証されている。
疑う余地もなく、猫はキラキラするものが嫌いと云う事で猫よけの効果を照準を合わせるにしても、やっぱり置いたままのペットボトルではすぐに危険がないと云う事が猫にバレてしまうのだ。
猫もそれほど馬鹿じゃないと云う事だろう。


猫よけに効果があるグッズ→ネット、超音波、植物ハーブ、薬について

次に、猫よけに効果があるグッズを案内したいとおもう。
下が土の場所でやや狭いエリアを野良猫等から守りたいケースの場合、例を挙げると庭の花壇部分だけを猫よけで守りたい時は、キャットカットと云う撒きビシをネットにくっつけたようなものが適切のようだ。
基本中の基本として、猫は足の裏の肉球部分に不快感を実感するところにはあまり接近しない習性がある。
足の裏の肉球部分が濡れるのも嫌がるし、キャットカットと云う猫よけグッズならばチクチク刺さるわけであるから、途方もなく猫が接近させないと云う事に成る。
但し、あまり広範囲にキャットカットを設置する事は不可能だし、子供等が遊ぶ場所では危険であるため使用出きないと云うデメリットもある。
電源が使用出きる場所ならば、ガーデンバリアと云う超音波を使用して野良猫を撃退する猫よけグッズも効果が絶大だと云われる。
このガーデンバリアは、猫が前にくるとセンサーが反応して猫が不快感を所有する超音波を生じさせる。
この超音波に驚愕した猫は、2度とその場所に近づかなくなると云う事だ。
近頃では電池で動作するガーデンバリアもある為、試してみてはどうだろう。
ただ、この猫よけグッズのケースの場合、価格が高めなのが悩ましいところだ。
また自然の植物をうまく利用したハーブによる猫よけ対策も有る。
殊更に、ローズマリー等の植物の匂いは猫が嫌悪するようで、ローズマリーを植えたら近づかなくなったと云う報告も有る。
更に、かんきつ類の匂いも嫌がるよう為、レモンやみかん等の皮を使い古したストッキング等に詰めて吊るして置くのも猫よけに効果があるようだ。
ついでに、猫の生命に危険のない薬剤等もある為、興味のある人は通販店の楽天等で探し求めてみると良いだろう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%8C%AB&tbm=blg&output=rss&num=50






水力発電