<のし表書き>のし表書きの書き方の見本とマナー

のし表書きの書き方の見本とマナーについて

のし,表書き

今回はのし表書きにかんして講釈したいとおもう。
そこでまず、のし表書きの[のし(熨斗)]とはいったい何なのか、にかんして観てみよう。
のし表書きの[のし(熨斗)]とは、冠婚葬祭等誰かに何かを贈る時に、贈答品の上にくっつける紙の事だ。
昔、のしあわびの略で、魚を送る習慣もしくは習慣があった事から、海産物のシンボルの縁起物として[のし(熨斗)]は使用されるように成った。
現状は弔事には魚、鳥、卵、海藻類は贈らないのがしきたりと為っている為、これらには[のし(熨斗)]はつけないようだ。
普段、我々がこの[のし]と云う言語を使用する時には、殊更に、のし紙の事を指しているわけだが、本来は、[のし]とは四角い色紙を細長く六角形に成るようにひだをつけて折りたたみ、中にのしあわびを細かく切ったものを包んだものを指していた。
この当時の[のし]は、祝儀、お祝い事の贈り物等に添えて用いられていた。
其の後、のしあわびの代わりに、昆布や紙をつけるようになり、現代では、冠婚葬祭等に使用されるのし袋や、のし紙に使用されるようになった。
そして現状、その[のし]の表書きにも、多種多様なマナーが有る。


スポンサードリンク

のし表書きの書き方の見本一覧とマナーについて

のし,表書き

のし表書きの書き方の見本であるが、結婚祝い、披露宴引出物、出産祝い、七五三、入園、入学、卒業、就職、新築、開業、開店、栄転等お祝い事の時は、[御祝]、[寿]、[御結婚祝]等と記述するようにする。
新築、慶事、病気全快等、当人からの配り物や、そのお礼ののし表書きの書き方の見本としては[内祝]と記述するようにする。
上棟式ののし表書きの書き方の見本としては、[御祝上棟]、[祝棟上式]等と記述するようにする。
定年・退職祝いののし表書きの書き方の見本としては、[祝 定年御退職]、[退職御祝]、[退職祝い]等と記述するようにする。
弔事、仏式のお葬式、法事・法要等ののし表書きとしては、[ご仏前]、[御香料]、[御香典]、[御霊前]と書き、また、神式のお葬式等は、[御神前]、[御榊料]、[御霊串]、弔事のお返し等ののし表書きは、[忌明]、[志]と記述するようにする。
また、年中行事である、お中元、お歳暮、お返し等ののし表書きとしては、[御中元]、[御中見舞]、[御歳暮]と記述するようにし、のし紙に合うような包装紙をうまく利用して、水引は殊更にかけなくても構わない。
のし表書きの書き方のマナーとしては、普通は包み紙の中央上部あたりに書き、こちらの会社名、もしくは名前もしくは名称は中央下部に記述するようにする。
複数の人数で贈るのであれば、連名にしても問題ない。
うまく利用するための筆記用具は、毛筆、もしくは筆ペン等を使用して釣り合いよく丁寧に書こう。
また、のし表書きの書き方のマナーとして、お悔やみ事等の時には薄墨で記述するのが正式だ。
中包みには、表側の中央に金額を、裏側には住所と氏名を忘れずに記述するようにする。


のし表書きと水引のマナーについて

のし表書きと同じように、のしの包み紙の水引にもケースに拠っては、マナーが有るのでここで記述しておくのだ。
結婚祝いの水引は、紅白か、金銀の水引を2本取りにして結びきりだ。
弔事の水引のケースの場合は、白か黒白、銀白を1本取りで結びきりだ。
結婚、弔事等の時は、2度目がないようにと云う意味から蝶結びにはぜず、ほどけないようにと云う意味で結びきりにする。
この水引のマナーを気付いておかないと、失礼に当たるので注意しよう。
そして、一般の御祝い事は紅白の水引一本を蝶結びにする。
災害のお見舞いの時は、輪にしないで、結びきりだ。
病気のお見舞いには水引は掛けず、のし表書きとして[お見舞い]と記述するのみで良い。
これも、気付いておかないとマズいマナーだ。
のし表書きは、贈る人からの気持ちをあらわし、心をも贈る事に成る為、間ちがったマナーだと、自身の気持ちも台無しになるのだ。
是が非でも、のし表書きのマナーを身につけて、キッチリと自身の心を伝達したいものだ。

 

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






水力発電