オイルエレメントの交換時期やオイルエレメントの種類や適合表、品番や価格(値段)、販売店等

オイルエレメントの交換時期について

オイルエレメント

オイルエレメントとは、自動車やバイク等のエンジンに搭載されている為、エンジンオイル内の不純物や汚れ等をろ過して綺麗にするフィルターの事だ。
エンジンオイルには、エンジン内部のピストンとシリンダーの擦れにより、ちょっとずつ金属等のごみがたまってゆくのだ。
よくガソリンスタンド等で、店員がボンネットをオープンしてエンジンのキャップをオープンして、針金みたいなものを何回か出し入れしているのを観た事がある人もいるとおもう。
あれはエンジンオイルの汚れを閲覧する為に実行しているのだ。
オイルの汚れが非道くなってくるとエンジンオイルを交換しなければならないが、同時にオイルエレメントを交換する事も有る。
オイルエレメントの交換時期としては、エンジンオイルの交換2回に対してオイルエレメントを1回交換する。
オイルエレメントを交換しないままでいると、エンジンオイル自体の寿命が短くなり、最悪のケースの場合エンジン自体の寿命も短くなるので注意が必要だ。


スポンサードリンク

オイルエレメントの激安通販と価格(値段)、適合表、品番や種類について

オイルエレメント

オイルエレメントの規格は何種類か有るが、よっぽど特殊な車種でも無い限り汎用品でうまく利用可能だ。
極端に云ってしまえば、オイルエレメントの取り付け部分の大きさと、中に入っているパッキンの大きさが合致すれば、何でも装着する事が出きるのだ。
オイルエレメントの価格は、通常1,500円から2,500円ぐらいだ。
一部のスポーツカー向けにベスト化されたオイルエレメント(ホンダの無限等)の価格でも2,100円ぐらいのものであるから、オイルエレメントなんてそれほど高価なパーツじゃない事が把握出きる。
また、よくオイルエレメントの適合表を探し求めている人を見掛けるが、以下の激安通販ホームページで自身の車種名とオイルエレメントで検索してしまえば適合表を見なくても良いのでべんりだ。
更に、以下の激安通販ホームページで自身の車種名とオイルエレメントで検索する事で、品番や種類だけでなく値段も把握出きる。


オイルエレメントの販売店と廃油、ポルシェ用のオイルエレメントについて

オイルエレメントの交換手順としては、古いエンジンオイルを抜いてからオイルエレメントを交換して、新しいエンジンオイルを入れるだけと、ややシンプルだ。
だが、エンジンの種類に拠ってはオイルエレメントが奥の方に在り、脱着が容易に出きない事も有る為、初めはプロの整備士の仕事を観て仕事をおぼえると良いだろう。
また、事前にエンジンオイルを抜いていても、古いオイルエレメントをはずした時に残留したエンジンオイル(廃油)が漏れ出す時も有る為、下にオイルパンや新聞紙等を敷いて置いた方が安全だろう。
但し、古い廃油やオイルエレメントを廃棄しなければならない等、個人ではけっこう苦労するとおもう為、工賃を払ってでもプロに任せた方が楽なようだ。
新たに装着するオイルエレメントを自身で購入したい時は、大手通信販売店の楽天市場等で簡単に探し求める事が出きる。
楽天市場ならば種類も少なくないし、たぶん国産車向けのオイルエレメントで見つからないものは殆ど無いだろう。
特殊な車種としては、ドイツのポルシェ用のオイルエレメントまで扱っている店もあるくらいだ。
ついでに、ポルシェ向けのオイルエレメントの価格は4,515円であった。
オイルエレメントの価格は、絶対に車両本体価格に比例するものじゃないようだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB&tbm=blg&output=rss&num=50






水力発電