<ホンダ オデッセイRB>ホンダ オデッセイRBの改造用のカスタムパーツ

ホンダ オデッセイRBについて

オデッセイRB,ホンダ

私は以前、ホンダのオデッセイRB後期型を乗っていた。経済的な理由で直ぐに売ってしまったが。
このオデッセイ RBとは、本田技研工業が製造・販売しているミニバンタイプの乗用車の事だ。
オデッセイ RBの正式名称は[ホンダ・オデッセイRB1/2型]だ。
ついでに、オデッセイ RBのオデッセイ(ODYSSEY)とは、古代ギリシアの長編叙事詩イリアス・オデュッセイアのうち、オデュッセイアの英語名だ。
そもそもホンダのオデッセイは、1994年10月20日に初代モデルが販売された。
現行型の[ホンダ・オデッセイ RB1/2型]は、実は3代目のオデッセイなのだ。
本来オデッセイは、ホンダのクリエイティブ・ムーバー・プロジェクトの第1弾として発売された車種なのだ。
オデッセイは、初代から現行の3代目RBまで大ヒットを継続しているシリーズだ。
本来オデッセイは、アコードのプラットフォームを使用して開発されたシリーズだ。
初代のオデッセイは、経営状態が下降気味であったホンダを回復させるほどの大ヒットとなった。
また、オデッセイはトヨタ自動車のエスティマと一緒に、90年代のミニバンブームの火付け役となった事はあまりにも超有名だ。
アメリカでオデッセイは、いすゞ自動車に対しオアシスと云う名前もしくは名称の車としてOEM供給されていた。


スポンサードリンク

オデッセイRBは改造用のカスタムパーツも評判について

オデッセイRB,ホンダ

オデッセイ RBは乗用車ベースのミニバンとして、セダンにひけをとらない運動性能をキープし、その上でセダンよりも広い居住空間を所有している。
また、床が低いので他のミニバン車種と比較して乗り降りが途方もなく楽チンだ。
オデッセイ RBの後部座席のドアは、スライドドア(ミニバンではこれが一般的)ではなく、セダン系と同じヒンジドアを採用している。
オデッセイ RBは3列目のシートを床下に収納する事ができ、しかもこれは電動格納式であるため途方もなく特徴点だ。
2003年10月に2代目がフルモデルチェンジされて、現状の3代目オデッセイ RBとなった。
前述した通り、オデッセイ RBは床が低い為、室内の広さをキープしながらも立体駐車場に入庫可能な1550mmと云う高さに車高が収まっている。
ついでに通常のミニバンの車高でこれは不可能だ。
オデッセイRBは改造用のカスタムパーツも評判で、グリル、イカリング、エアロパーツ、車高調、マフラーがよく売れている。
無限ホンダの改造パーツを使用して本格的に改造していた知人もいるが、改造費はなんと50万円以上もかかっていたようだ。
やりすぎだろ、WKくん。


オデッセイ RBのエンジン、馬力、トランスミッション、ヘッドライト等について

また、オデッセイ RBの車名のエンブレムは、初代と2代目では[ODYSSEY]だったが新たに[Odyssey]と改められた。
オデッセイ RBは7人乗りだ。
オデッセイ RBのエンジンは、アコードワゴンに搭載されているK24A型 2.4L 直4 DOHC i-VTECだ。
オデッセイ RBの馬力は、標準の160PSとAbsoluteの200PSの2種類を選択出きるが、V6エンジンは廃止されてしまった。
トランスミッションはAbsoluteと標準タイプの4WDは5速ATで、標準タイプのFFは7速マニュアルモード付きCVTだ。
オデッセイ RBのヘッドライトのデザインも、2代目までと比較すると鋭いデザインにチェンジされているのも魅力的な要素の1つとなった。
このオデッセイ RBの最大最高の魅力は、ミニバンの割に高い運動性能と低い車高で在り、多種多様な使い道に使い道があるところだろう。
オデッセイ RBの発売当初のキーコンセプトは[NEXT PROPORTION]で在り、イメージキャラクターはハリウッド女優のミラ・ジョヴォヴィッチであった。
ついでに、其の後のマイナーチェンジ後のキーコンセプトは[NEXT PROPORTION Goes Next]でイメージキャラクターはユマ・サーマンだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%9B%E3%83%B3%E3%83%80&tbm=blg&output=rss&num=50






水力発電