<カローラフィールダーの評価と口コミ>カローラフィールダーの燃費や動画、価格やCM等

カローラフィールダーの評価と口コミについて

カローラフィールダー

カローラフィールダーとは、トヨタ自動車鰍ナ製造と販売がされている自動車だ。
ついでに、トヨタ自動車鰍ヘ、愛知県豊田市トヨタ町1番地に本社を所有している会社で[世界のトヨタ]とも呼ばれ、品質が世界一の優秀な会社だ。
トヨタ自動車鰍フ開発コンセプトとしては、誰にとっても使用しやすい車で在り、細かい部分まで配慮し尽くされた車である事だ。
カローラフィールダーのグレードとしては、[1800 2ZR-FE(1800ccクラス)]と[1500 1NZ-FE(1500ccクラス)]がある。
気に成るカローラフィールダーの燃費の口コミや評価であるが、1500ccと1800cc両方とも、途方もなく乱暴な運転でも街乗りならば、リッター12キロくらいは、走っていると云う。
カローラフィールダーの1800ccの4WDでも、平均燃費はリッター12キロくらいだと云う口コミや評価もあった。
これらの口コミや評価を観ると、やっぱりカローラフィールダーの燃費は良い部類に入るだろう。

 

 

トヨタ カローラフィールダーXGエディションの動画はこちら

 

カローラフィールダーのCM動画はこちら


スポンサードリンク

カローラフィールダーの1800ccクラスと1500ccクラスの価格について

カローラフィールダー

カローラフィールダーの1800ccクラスでは、2WDで1.8S“AEROTOURER"DBA-ZRE142G-AWXEK-Sと1.8S DBA-ZRE142G-AWXEKに分類されている。
価格は前者が2,068,500円、後者が1,953,000円と為っている。
4WDでも同じく、前者が2,226,000円、後者が2,131,500円と為っている。
カローラフィールダーのうち、1800ccのタイプはミッションがSuperCVT-Iと為っているのが特徴点だ。
カローラフィールダーの1500ccクラスも、2WDと4WDに分類されている。
カローラフィールダー1500ccの2WDクラスでは、5速マニュアルとSuperCVT-Iがある。
5速マニュアルクラスでは、DBA-NZE141G-AWMNK-Sが1,774,500円で、DBA-NZE141G-AWMNK-Gが1,680,000円、DBA-NZE141G-AWMNKが1,512,000円と為っている。
SuperCVT-IクラスではDBA-NZE141G-AWXNK-Sが1,858,500円、DBA-NZE141G-AWXNK-Gが1,764,000円、DBA-NZE141G-AWXNKが1,596,000円と為っている。
カローラフィールダーの1500ccクラスの4WDでは、DBA-NZE144G-AWXNK-Sが2,047,500円、DBA-NZE144G-AWXNK-Gが1,953,000円、DBA-NZE144G-AWXNKが1,785,000円と為っている。


TRD改造用カスタムパーツ、エアロ、ホイール等でドレスアップについて

カローラフィールダーは、TRD等の改造用カスタムパーツも評判でエアロ、ホイール等でドレスアップしている人も少なくない。
ついでに、TRDとはトヨタ自動車の純正レーシングパーツメーカーの事である。
こういった具合に改造されるほど評判のあるカローラフィールダーの機能や性能としては、1.8リットル2ZR-FEDualVVT-iエンジンや1.5リットル1NZ-FEVVT-iエンジンを搭載する事により、トルクの飛躍的な向上や環境へ配慮した仕様と為っている。
カローラフィールダーの安全性能としては、ロービーム・オートレべリング機能やサイドターンランプ付き電動格納式リモコンカードドアミラー、更にVSCやブレーキアシストと云った機能を所有している。
カローラフィールダーの特別車としてはXHIDコレクションや、コンプリートカー等が有る。
カローラフィールダーのエクステリアとしてボディーカラーには、ブラックマイカやレッドマイカメタリック、スーパーホワイトやシルバーメタリック、カッパーメタリックやダークブルーマイカ、ライトブルーマイカメタリック等の種類が有る。
カローラフィールダーは、シートアレンジもバラエティ豊富で、10段階のリクライニング機能でフラットなスペースをエンジョイする事が出きるのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF&tbm=blg&output=rss&num=50






水力発電