<グラストラッカー&ビッグボーイ>スズキのグラストラッカーとビッグボーイの評価等

スズキ グラストラッカー ビッグボーイについて

グラストラッカー,ビッグボーイ

グラストラッカーは、アルファベットで記述するとGrassTrackerに成る。
グラストラッカーの製造販売はスズキ株式会社で在り、本社の所在地は静岡県浜松市南区高塚町300と為っている。
グラストラッカーとは、製品に対する挑戦的な姿勢やポーズやポーズが評価されているスズキ株式会社が生み出した大評判のオートバイで在り、グラストラッカーシリーズには、ビックボーイ(GrassTrackerBIGBOY)と云う名前もしくは名称の車種も販売されている。
グラストラッカーが発売されたのは2000年の4月の事で、ビックボーイの発売は翌2001年の事だ。
グラストラッカーとビックボーイは共通する部分もあるが、ちがう部分も多種多様とある。
グラストラッカーは250ccのモデルで、乗りやすさが魅力の1つで在り、女性にも愛用されているバイクだ。


スポンサードリンク

グラストラッカーは改造用のカスタムパーツについて

グラストラッカー,ビッグボーイ

グラストラッカーは改造用のカスタムパーツも評判で、チョッパー、シート、タイヤ、マフラー、タンクやボアアップ用品等がよく売れている。
そのようなグラストラッカーの現行モデルは、発売当初と比較してキック始動やパッシングスイッチ、更にハンドルバランサの廃止等の仕様変更が実践されている。
グラストラッカーは、何人もが写真を観て一目で把握出きる個性的な特徴点あるデザインが魅力の1つと為っており、タンクやシートのデザインがグラストラッカーの特徴点なフォルムを生み出していると云える。
また、グラストラッカーのデザインは、スマートな印象を所有出きるデザインと為っている。
グラストラッカーのメーターには、アナログ一眼式とホワイトパネルを採用しているのがたいへん興味深い。
グラストラッカーシリーズのうちビッグボーイは、タイヤサイズがフロント19インチ、リヤ18インチとリム径がやや大きい。
ビッグボーイのケースの場合、ハンドル幅も大幅に、スイングアームも長い。また、リアフェンダーがフラットな事が特徴点だ。


グラストラッカーとビッグボーイの価格、燃料タンク、口コミや評価等について

グラストラッカーは、車体コントロールのためのニーグリップがしやすい事に定評があるが、デザインが独特な分、乗り心地も他のバイクとはちがう部分が少なくないと云う点には注意が必要だ。
グラストラッカーの型式はBA-NJ4BAで、全長は2000mm、全幅は900mm、全高は1130mmで在り、ビッグボーイは全長は2140mm、全幅は910mm、全高は1145mmだ。
足つきが途方もなく良い事が乗り心地の良さを生み出しているグラストラッカー・・・・・・。スズキの公式ホームページにて車両写真が掲載されている。
グラストラッカーの軸間距離は1325mm、最低地上高は160mmで在り、ビッグボーイのケースの場合は軸間距離は1405mm、最低地上高は200mmだ。
グラストラッカーのシート高は745mm、乾燥重量は120キログラムで在り、ビッグボーイのケースの場合はシート高は785mm、乾燥重量は123キログラムだ。
グラストラッカーの税込みのメーカー熱望小売価格は355,950円で、ビッグボーイのケースの場合は392,700円だ。
販売店に拠っては、割引価格で販売してくれるようであるため吟味してみてはどうだろうか。
燃料タンク容量にかんして、グラストラッカーもビッグボーイも6リットルタンクを搭載している。
グラストラッカーシリーズは、フットワークが良いと云う口コミや評価が少なくない。
ついでに、グラストラッカーの変速機形式は常時噛合式5段リターンで、減速比は1次3.238、2次2.733だ。ビッグボーイのケースの場合は1次3.238、2次2.866だ。
グラストラッカーとは、グラストラックレーサーを起源として誕生したバイクなのだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






水力発電