<サーフなら中古車がおすすめ>中古車サーフと改造用のカスタムパーツやホイール、燃費等

中古車サーフについて

サーフ,中古,車

トヨタ(toyota)のハイラックスサーフは中古車でも評価が高い。
ハイラックスサーフの中古車は、SUVとしてはランドクルーザーと同じようにトヨタの看板車種として中古車市場でたいへん評判があるのだ。
そもそもハイラックスサーフと云う車は、アメリカのウィネベーゴインダストリーと云う車のカスタムビルダーが、トヨタ自動車のハイラックスをベースにした[ウィネベーゴ・トレッカー]と云うカスタムモデルを作成していた。
しかしながら、本家のトヨタ自動車が、ウィネベーゴインダストリーを買収した後、ハイラックスサーフと云う車名で販売したのが起源だ。
初めてのハイラックスサーフの発売は1983年からであるが、初めはアメリカだけで販売されていたのだが、日本でも1984年から発売されるようになり、中古車市場では若者を中心として大評判のモデルに成った。
発売されてから20年以上経過している歴史の古い車であるが、昔からサーフの中古車は大評判なのだ。
次に、気に成るサーフの中古車の燃費にかんして観てみよう。
ガソリン車のハイラックスサーフの平均燃費にかんして、一般ユーザーの口コミや評価によると、一般的な街乗りでリッタ−あたり7キロくらい走るようだ。
ディーゼル車のハイラックスサーフの平均燃費もだいたい7キロくらいと云う口コミや評価がおおく、燃料による燃費のちがいはあまり無いようだ。


スポンサードリンク

サーフの中古車と改造用のカスタムパーツ、ホイール等について

サーフ,中古,車

サーフは中古車だけでなく改造用のカスタムパーツも評判でホイールがよく売れている。
ハイラックスサーフの中古車は、同じトヨタ自動車のランドクルーザー等他のSUVと比較してやや安くに手に入る事から、ハイラックスサーフの中古車を買い付けて改造等のカスタマイズする若者が少なくないのだ。
スキーやサーフィンをやるのであれば、なおさらハイラックスサーフの中古車はお勧めの車種だ。なぜなら、スキーやサーフィン、釣りに使用する車は傷つきやすいので中古車が良いからだ。
また、最新のハイラックスサーフだと、車のジャンルとしてはランドクルーザーと同じSUVクロカンに入るが、本来のトラックベースのワイルドでシンプルな性格のサーフから、乗用車テイストを漂わすサーフへと移行してしまい、以前ほど質実剛健の魅力のあるモデルとは言いがたく為っているのだ。
そのせいか、サーフの中古車のケースの場合、古いモデルが大評判に為っているのだ。
もしくは、サーフの中古車の購入価格を出きるだけ安く制御して、それ以上の費用を使用してサーフの中古車を改造する若者がおおく為っている。


サーフの中古車のカスタマイズについて

前述したように、サーフの中古車の購入価格を安く制御して、サーフの中古車を改造する若者がおおく為っている。
サーフの中古車のボディー本体のカスタマイズなんて当たり前で、サスペンション等の足回りを硬くしたり、インタークーラー付けたエンジンのチューニング等もありありの世界ではあるが、ビッグフットまがいのバカでかい巨大なタイヤをサーフの中古車に履かせて全面改造を実践する猛者もいる。
4代目のハイラックスサーフが発売されたのが2003年の事であるから、そろそろフルモデルチェンジされても良い頃であるが、現行のサーフの中古車価格も、相当安くなってきている為、もしカスタマイズしないで乗りまわしたいと云う人には現行サーフの中古車は買い時かも知れない。
殊更に、現行の4代目後期のサーフの中古車であれば、SUV車としても他の車種に劣らない性能と快適さが在り、尚且つエンジンもパワーアップされたモデルもあって、中古車としてお勧め出きるモデルと云える。
ハイラックスも、エクストラキャブよりもダブルキャブの方が個人的には使用しやすいのであるが、なかなかどうしてサーフの中古車市場では見つからないのが残念で仕方がない。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E3%83%88%E3%83%A8%E3%82%BF&tbm=blg&output=rss&num=50






水力発電