<ストリートマジック>ストリートマジック110と50、メンテナンス、エンジンや燃費等

ストリートマジックにかんして

ストリートマジック

私はスズキ(suzuki)のストリートマジックを、中古バイクで買おうとおもっている。
このストリートマジックと云うバイクは、アルファベットで記述するとSTREETMAGICで在り、スズキ株式会社が製造と販売をしているオートバイシリーズなのだ。
スズキ株式会社の本社所在地の住所は、静岡県浜松市南区高塚町300で在り、その製品と製造に対する挑戦的な部分が途方もなく評価されている会社だ。
ストリートマジック50が販売されたのは1996年の事で在り、50IIが販売されたのは1998年だ。
次に、ストリートマジック110が販売されたのは1998年の事で在り、110IIが販売されたのは1998年だ。
更に、ストリートマジックIIが販売されたのは2005年の事だ。
50よりも110の方がつよい大評判を誇っていた様子だ。50ccでは有りながら50ccを思い出させないルックスが魅力の1つだった。
ストリートマジック50は国産では唯一のAT操作によるオートバイで在り、軽快で機敏な走り心地も魅力の1つだった。
ついでに、ストリートマジックは改造用のカスタムパーツも評判で、チャンバー等のマフラー、キャブ等がよく売れている。


スポンサードリンク

スズキ(suzuki) ストリートマジックIIの型式、タイヤ、タンク、エンジン、価格等について

ストリートマジック

スズキ(suzuki)のストリートマジックIIの型式はBB-CA1LBで在り、総排気量は49cc、全長は1645mm、全幅は715mm、全高は975mm、軸間距離は1080mm、最低地上高は120mm、シート高は735mm、乾燥重量は80kgだ。
また、ストリートマジックIIのタイヤサイズは、前輪が120/80-12 54Jで在り、後輪が120/80-12 54J、更に燃料タンク容量は6.4Lで、クラッチ形式は乾式自動遠心シュータイプで、エンジンは2サイクル・強制空冷・単気筒で、定地燃費は54.0km/L(30km/h)で、東京地方のメーカー熱望小売価格は税込みで235,200円と為っている。
スズキのストリートマジックは、インターネットのバイク販売ホームページでも購入が可能と為っている。
ストリートマジックのデザインは、力強さと軽快さの両方を実現させたデザインと為っている。また、何処となく楽しさや愛らしさを実感させるデザインでもある。


ストリートマジックの口コミや評価→燃費、メンテナンス等について

ストリートマジックは乗り心地の良さと性能の良さの両方を追求した製品と為っている。
また、装備に拠ってはオフロード的な仕様へと変更可能で在り、足つきの良さや軽さも魅力的な特徴点の1つだ。
インターネット上のバイク専用ホームページを観ていると、ストリートマジックを通勤や通学に愛用している人が途方もなく少なくない様子が把握できて面白い。
これは、ストリートマジックがスポーティーな性能とデザインとが合わさっている証拠であるためではないだろうか。
また、バイク専用のホームページ等の口コミや評価を観ていると、ストリートマジックは加速の良さを初めとして、性能全般に対して評価が高いイメージを所有する事が出きる。
また、ストマジと省略されて呼称される事が少なくない様子で、ファンによる個人ホームページもおおく在り、現実に愛用している人の口コミや評価として1度は観てみる価値はあるだろう。
ストリートマジックIIにはカラーバリエーションとしてソリッドブラック、パールネブラーブラック、パールクリスタルレッドがある。
ツインチューブフレームやオイルダンパー式フロントサスペンションと云ったところもストリートマジックIIの特徴点だ。
次に、ストリートマジックの燃費にかんして観てみよう。
ストリートマジックの燃費にかんしての口コミや評価によると、意外と燃費が良いと云う口コミや評価がおおく、だいたいリッターあたり30キロくらいは走るようだ。
とりあえず、ストリートマジックの燃費にかんして、悪いと云う事はなさそうだ。
更に、ストリートマジックのメンテナンスにかんしてだが、タイヤ、エアクリーナー、点火プラグの交換は継続的にやった方が良いようだ。
中古の古いストリートマジックを買い付けたケースの場合、キャブレターの掃除もやった方が良いよう。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

Error 400 (Bad Request)!!1






水力発電