<エアマットについて>キャンプや介護用品、褥瘡(床ずれ)予防にエアマット

エアマットにかんして

エアマット

では、エアマットにかんしてちょっと案内してゆこう。
エアマットに類似する製品に使用されている根本的な技術の中に、気泡緩衝と云うものが有る。
このエアマットの根本的な技術である気泡緩衝材とは、アメリカのエアープロダクツ社がプールシート用に製造したものが起源で、2枚のポリエチレンシートからできあがっており、他方のシートを生計した円柱状の突起構造の中に空気を密閉して、その空気圧で緩衝材の機能を実現している。
現状では、これに多種多様な機能を付随させたタイプのエアマットが普及していると云うわけだ。
一般的には突起物の方を内部にして対象物を梱包するのだが、メーカーによると現実にはどちらを表にしても効果は同じでようだ。
ついでに、エアマットのメインの使い方としては、キャンプ、介護用品、褥瘡(床ずれ)予防だ。


スポンサードリンク

エアマットの人気ブランドについて

エアマット

このエアマットの根本的な技術である気泡緩衝材とは、マーク・カヴァネスとアルフレッド・フィールディングと云う2人の技術者が1957年、偶然から発明したものだ。
この2人がシンプルに清掃の可能な壁紙を作ろうとした時に、布の上に布地の模様をつけたビニールをかぶせた壁紙を作ろうとして、その時あやまってビニールに気泡が混入してしまった事をきっかけにして気泡緩衝材を思いついたと云う。
其の後、2人はシールド・エア・コーポレーションと云う会社を設立し、この気泡緩衝材を[バブル・ラップ]の名称で商標登録したのだ。
日本国内でも、この気泡緩衝材の技術はエアマット全般で広く使用されており、各々の企業に拠ってちがう商標のエアマットとして、例を挙げるとエアーキャップ、プチプチ、エアセルマット、キャプロン、エコロガード等と云った名称で登録されている。
エアマットは褥瘡(じょくそう)の予防等にもうまく利用されるが、その際の注意点として空気を入れすぎない事が挙げられる。
褥瘡(じょくそう)とは、床ずれの事だ。
参照事項として、エアマットの人気ブランドは、モルテンのアドバン、コールマン、ケープのトライセルの順だ。


エアマットの使い方、タイプ、治療にかんして

エアマットの使い方としては、空気の入れすぎでパンパンの状態にしてしまうと、体にかかる圧力を上手く分散できず、かえって褥瘡(床ずれ)を悪化させる危険性が有る。
エアマットの使い方として、このような治療に使用する際には空気を入れすぎず、体が床につかないレベルにまで内圧を落として使用するようにして欲しい。
またエアマットの中には空気を噴出するタイプのエアマットも有る。
このタイプのエアマットのケースの場合、寝巻きや皮膚を湿潤にしないと云う長所は有るが、空気を噴出させる為に低圧での圧力保持が出きず、また患部を乾燥させる事もある上に、病原菌を室内にバラ捲いてしまう危険性も有る。こちらも控えるようにすべきだろう。
結論から云ってしまえば、治療にはエアマットでもその形を症状に合わせて選択しないとダメだと云う事だ。
細長いエアセルの居並んだセル型のエアマットと亀甲型の一体形成型のエアマットとでは、その褥瘡生起率は2倍にもなる。
かかりつけのドクターや病院等と対話の上、治療用エアマットは冷静に選択するようにして欲しい。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E4%BB%8B%E8%AD%B7&tbm=blg&output=rss&num=50






水力発電