<紳士用帽子について>紳士の帽子が大評判の理由

紳士の帽子が大評判の理由

紳士,帽子

紳士の帽子と云うヨーロッパブランドの製品が日本で評判だ。
紳士用の帽子と云うと英国(イギリス)の紳士達の必需品である。紳士の帽子は、時代の流れと共に多種多様な変化を成し遂げて、現存のタイプに至っている。
トップハットと云う紳士の帽子は、円筒形でハードに造られた製品だ。
殊更に使用されている素材の材質は、シルクやファーフェルトで、リボンにもシルクやフェルト等が使用されている。
このトップハットはイギリス製で、日本人がかぶると頭の形が合わないため前後がオープンしてしまったり、横が狭くてかぶる事ができなかったりしてしまう。
ハード加工されている製品であるため変形しにくく、自身の頭の形に合わせて作らないとならない必要が有る。


スポンサードリンク

紳士の帽子→ソフトハット、ボーラーについて

紳士,帽子

紳士の帽子には、トリルビーやフェドーラと称されるソフトハット等も有る。
ソフトハットと云う製品は、フェルトで作成された中折れ帽の事を云う。
ハード加工されたハードハットの後、普段用として誕生し一般的に普及した。
紳士の帽子として、更にやわらかいものに成ると、スーパーソフトハットと称される、ローラーハットやクラッシャーハットと云う製品が有る。
これは途方もなくやわらかく加工されているため自由に形を変形させる事ができ、自身の好きな形にしてかぶる事が出きると云う面白みのある帽子だ。
ボーラーと云う紳士の帽子は、半球型をしたフェルト製品で、こちらもハード加工で造られている。
ボーラーとは、日本語で云うと[山高帽]の事で、ボーラーと云うのは英語だ。
ボーラーは、1850年に誕生し、乗馬用の帽子として愛用されていたようが、1930年頃から評判が薄れてきたようだ。


紳士の帽子の常識について

近頃は日常的に帽子を被っている若者が急増してきたようにおもえる。
バンダナを巻いた上にキャップをかぶって、なんてファッション的なかぶり方もよく拝見する事が出きる。
しかしながら、紳士の帽子と云うものは本来、室内ではかぶらないと云うのが常識だった。
この事は、ヨーロッパの人々の習慣もしくは習慣だったようであるが、室内だけでなく、知人や知人にバッタリ会った時、女性の前、挨拶の際等、本物の紳士は帽子をかぶる場所や場面の常識をキッチリと考えねばならないと云う必要があったのだろう。
勿論時代は移り変わり、そのような常識が全部とはおもわないが、相手に不快感をあたえない態度と云うのは、常に考慮しておくべき必要だろう。
ついでに女性の帽子は、服の一部と看做されていた為、男性のように室内では取らないとならない、と云う事は無かったようだ。
これも常識的な範疇に入るようだ。
和室にキャップをかぶったまま座っている姿なんて、やっぱり非常識におもってしまうのが日本人だろう。
紳士の帽子は、かぶり方だけでなく立ち居振る舞い自体が、その人の紳士度を上げたり下げたりするものだ。
せっかくカッコいい紳士の帽子をかぶっているのに、態度で[ダサい]とおもわれないための常識を身につけたいものだ。

 

 

 

 

 

[関連リンク]

 

https://www.google.co.jp/search?q=%E5%B8%BD%E5%AD%90&tbm=blg&output=rss&num=50






水力発電